「こう」です。ご覧頂き、大変感謝です。

今日のテーマは「早期退職生活 コンビニが遠くになりにけり」です。

結論は「先日久しぶりにコンビニに行きました。たぶん1・2ヵ月ぶり」です。

コンビニでネット銀行への入金をしました。カード使用金額の引落後に、コンビニでの入出金手数料無料や他行振込手数料無料のステイタスを維持するための基準金額を下回らないための入金でした。その時にふとコンビニに来たのは結構しばらくぶりだな、と気づきました。節約系の本や記事の秘訣には、コンビニでの買い物から遠ざかる事などが書いてありますが、確かに早期退職生活をしていると、節約の目的もありますが、いつの間にか自然な感じでコンビニから遠ざかる生活になってきたようです。

会社員時代は昼食購入や休憩のコーヒー購入、キオスクで出張や電車乗車前の飲み物や間食購入、営業移動中のトイレを借りる兼買い物などなど、たぶん1日に2・3回は利用していたように思います。もっと何年もさかのぼって、まだたばこを吸っていた頃は喫煙場所を求めて灰皿のあるコンビニ探しもしていました。

はたまた出張時の深夜のご飯や晩酌のアルコールとおつまみの調達、時間外のキャッシュカードでの現金引き出し、急ぎ仕事のコピーや荷物の発送、暇つぶし雑誌の購入・・・などなどと、コンビニにはとてもお世話になっていました。

早期退職生活では今書いたような用事がなくなり、逆に一般的な飲料や菓子類であれば、コンビニより安いドラッグストアやスーパーで買うことになるので、本当にコンビニとは縁遠くなってしまいました。街や地域のインフラを兼ねている店も多く、頑張れコンビニ!の思いも持っているのですが、今の実生活での利用場面は激減しているのが正直なところです。

高校生の時に初めて町にコンビニが出来て、夜に食料調達ができる不思議と感激の思いが懐かしいですが、そのころを基準にすると今のコンビニのもっている機能は驚異的です。応援しながらほとんど行かないという矛盾なのですが、今日はネット銀行の処理をしたついでに+おつまみを1つ買いました。節約本から叱られそうです、街歩きしながら、あちこち思いを馳せ、穏やかで良い年の瀬を祈りつつ。

最後までお付き合い頂き、心より感謝です。良い日でありますように。


にほんブログ村

TRAVELIST