「こう」です。ご覧頂き、大変感謝です。

今日のテーマは「国民年金付加保険料の手続き」です。

結論は「国民年金の付加保険料の申し込み申請の手続きをしてきました」です。

先日やっと国民年金の付加年金の申し込み手続きをしてきました。制度概要はざっとでいうと月400円の付加保険料を支払うと65歳で年金受給した場合、200円X支払い月数がもらえる(=2年で支払い額の元を取り、その後は支払い額以上の金額をもらえる)という、とってもコストパフォーマンスの良い制度と言われているようです。

例えばこの先80か月間、付加保険料を払うとした場合、400円X80か月=32,000円の支払いで、65歳以降の年金額が16,000円/年増加するということです。国民年金基金に加入している方や3号の方は付加年金に加入できないなどの条件があるようです。

手続き自体は最寄りの年金事務所に行って、年金番号と住所・氏名等を記載する申請用紙の記載・提出と支払い方法の選択だけであっというまに終了しました。

この制度はもっと前に知り、早く手続きしなきゃと思いながらも、なんとなく先延ばしにしていたので、やっと手続きできて少し安心というか達成感があります。65歳以降に年間1万円少しの年金が増額されることが、どれくらいの重みや重要性を持つのかは今のところ分かりませんが、現地点ではこの付加保険料の手続きをやっておいて損はないと考えてます。

いいことだらけのようにも見えるのですが、年金受給以前や受給後2年以内に死亡した場合、払い損や元が取れないケースが生じたり、物価スライドしない固定金額払いのようですので、今後大きなインフレが起きて、1万円が今の千円やもっと言えば百円に相当することだってあるかもしれませんので、このあたりが注意点のようです。まあ追加の支払い金額もそう多くもありませんので、リスクよりはメリットが優位かな!との選択です。

こうやって年金のことを考えていると、自分は果たして心身ともに元気で65歳を迎えることができるんだろうか?や65歳ではなく60歳前半で前倒し受給しないといけない経済状態になっていないか?などを考えてしまいます。はたまた仮に経済状況が許しても早期退職生活は基本は資産の取り崩し生活なのでキャッシュフロー的にも年金は前倒し受給の方が良いのでは?や確定拠出年金や確定給付年金も同様にどの受け取り方がいいのか?など60歳まで悩んだり見極めたりになりそうです。

自分の実情が見えていないといえばそうなのですが、なんだか年金のことを真剣に思案しないといけない年齢になったことが不思議な感覚です。

最後までお付き合い頂き、心より感謝です。良い日でありますように。


にほんブログ村

【auのiDeCo】