「こう」です。ご覧頂き、大変感謝です。

今日のテーマは「元旦早朝の株式市場」です。

結論は「2021年の米国株式市場は時差で日本時間1月1日AM6:00迄やってました。日本時間の紅白終わる頃にマーケットが始まり、年が明けて深夜番組になり、年始恒例の朝番組が始まる頃、2021年の米国株式市場はエンディングを迎えました」です。

2021年も米国株は本当に強い1年でした。私の保有株もボーイングを除きお蔭様でまずまずの含み益で終了となりました。

日本時間の大晦日まで株式でバタバタしているのも恥ずかしい事なのですが、前から買いたかった株が狙いの価格に近づき買いを入れて待ちました。しかし日本時間23:30のスタート直後はあとちょっとで約定せず、日本時間で年越し。その後も一進一退し、結論は日本時間のAM5:00過ぎに約定しました。厳かな年末年始、年越しをうたた寝しながら米国株に張り付いて過ごしてしまいました。

しかし紅白見て一杯飲んで、年越ししながらちょびちょび飲んで、深夜番組みながらもう一杯やって、だけどリアルタイムで株式市場に参加している!すごいというのかなんだか昔ではありえない不思議な感覚でした。

そんなことを書いていても、もう数時間後の今夜1/3月曜には米国株市場の新年はスタートします、明日朝の1/4火曜には日本も大発会です。もう大晦日のことですら、随分昔のことのように感じます。

今年も株式市場も世の中も、人生にもいろいろ凸凹起きるのではないかと思います。うまく波乗りできる時も、そうでない時もあるかもしれませんが、自分にできることは執着もって粘り抜くだけです。

最後までお付き合い頂き、心より感謝です。良い日でありますように。


にほんブログ村

TRAVELIST