「こう」です。ご覧頂き、大変感謝です。

今日のテーマは「早期退職生活 春夏冬」です。

結論は「今年は秋がなくて、春から夏、そして一気に冬がくると話題になっていました。確かに秋祭りも中止で秋が飛ばされる感があります。退職生活には秋は気候的にも穏やかな心で過ごせる最適シーズンなのですが」です。

個人の好みですが、夏が一番苦手です。少し歩くと汗だくになり、換気で窓を開けても虫の侵入を気にしたり・・・・夏はいくつか苦手な難点があります。花火や圧巻の樹木の生命力などいい点も勿論あります。ですので、夏が終わり、紅葉やお祭りがあって、少し寒くなってカーデガンや薄いジャンバーが必要になってくる頃が一番好きなシーズンです。

しかし今年は春が終わり夏が来て、秋を飛ばして一気に冬、という可能性もあるようです。退職生活の楽しみの1つは四季の味わいです。景色や気候、行事などの味わいもありますし、食材や料理、食べ物での味わいもあります。四季折々を楽しむ、これぞ退職生活の醍醐味!!です。

少し話が飛びますが、退職後に料理修行しています。今年は里芋や黒枝豆を挑戦してみて楽しみました。栗や松茸などにも料理トライしてみたく思っています。さんまは今年の味と価格はどうなんでしょう?不漁という記事も見ましたし、スーパーでもあまり見かけないような感触ですが、何度かは食べたいものです。そんなこんな思うと、仮に温度や気候が秋らしくなくて一気に冬がきても、秋の楽しみはそれなりにできそうです。

できれば素敵な紅葉をどこかで見たり、温泉などにいける機会があったら、最高です。日本中に良い秋が来ますように!

最後までお付き合い頂き、心より感謝です。良い日でありますように。


にほんブログ村