「こう」です。ご覧頂き、大変感謝です。

今日のテーマは「退職生活での健康診断」です。

結論は「去年に続き国保の無料枠での特定健診を受診させて頂きました。約1万円分の健診内容」です。

昨年退職後の健康診断を悩んでいたところ国保の無料(自己負担0)特定健診があるのを知りお世話になりました。今年もコロナ禍のなかで、実施期日は変更となりましたが、ちゃんとやってくれたので、先日受診しました。会社員時代の人間ドックとは検査項目が減りますが、自己負担なくやって貰えるには十分すぎるくらいと個人的には思っています。尿検査や血液検査なんてこんな機会がないと、大病した以外では、おっくうなのでいい機会すぎると感謝しています。

念のためですが、全く同じ感想、同じ思いを記した去年のものを貼ります。

50代早期退職生活 退職後の健康診断どうしよう?

健康診断の結果ですが、やはりいくつかの数値項目で基準値越えがあったり、高血圧の進展などの指摘があり凹んでいます。でも受診したからこそ、気をつけようと改めて思うので、本当に有難い制度だなっと思います。感謝の思いは本心なのですが、でも行く前のもうひとつの本心は採血の注射も嫌だし、何かの項目で引っかかるのも嫌だし、、、、の感謝どころか嫌の気持ちが強いです。

同様来週にコロナワクチンの2回目の接種です。1回目の未知数の恐れよりは随分ましではありますが、やはり正直、副反応など怖いし心配だし、打つの嫌だなっと思う気持ちはあります。無料かつコロナの感染脅威、重症化脅威を大幅に軽減してくれる本当に有難いことなのですが、”有難いのですが気が重い”、今回の健診と同じ状況です。勝手で我儘なことは承知しているのですが。

最後までお付き合い頂き、心より感謝です。良い日でありますように。


にほんブログ村