「こう」です。ご覧頂き、大変感謝です。

今日のテーマは「早期退職生活 お墓参り」です。

結論は「コロナ禍でいくかやめておくか悩む人も多いと思いますが、私はお参りしました」です。

お墓参りに限らず、老齢の親の顔を見る、孫を見せる、めったにない機会があってそれを逃したくない、などたくさんの状況や思いが世の中に溢れているかと思います。何が正解なのか分りませんし、難しいのですが、様々な選択をみんな行っているのかと思います。

わたしは先日、1年以上ぶりにお墓参りをしました。車で行って、お参りしてなのですが、お墓にも通りがかる街にもそれなりの人手の多さです。かくいうわたし自身もそのうちの1名です。

たまにしか来れないからか(たまにと私が勝手に決めつけているだけなのですが)、思いを馳せて手を合わせている方が多いように感じました。そして、蝉の鳴き声がコロナ前と変わらずに響いていました。前はうるさいように思ったのですが、なぜか微笑ましく感じるのが変化した点です。佳き夏の日です。

最後までお付き合い頂き、心より感謝です。良い日でありますように。


にほんブログ村