「こう」です。ご覧頂き、大変感謝です。

今日のテーマは「流転の海 読本」です。

結論は「宮本輝の長編小説、流転の海のまとめ読本が出ていることを知りました。早速購入し読んでみると改めての気づきが多く、流転の海ファンにはとても有難い本だと思いました」です。

先に完結した大長編小説「流転の海」ですが、30年以上に渡って読んでいると、話や人物を忘れたり、ごちゃまぜになって混同したりがたくさんあります。自分なりの誤解や誤記憶も、1つの読書の形であり醍醐味でもあると言い張れば良いのかもしれませんが、こうやって読本を知って読んでみると、なんと自分がいい加減に読んだり思ったりしているのかと改めてショックも受けています。

今回「流転の海」の人物相関やストーリーのまとめの「読本」が出ていることを、別の本を買った際の広告冊子で知りました。すぐに購入して、まだ読んでいる途中なのですが、改めて「流転の海」の魅力を再認識すると同時に、自分の誤解、誤記憶をを修正しています。たぶん今回読本を読んで正しく修正できた部分もありますが、まだまだ修正されていない部分も多いようにも思いますが、これだけの長編なので、若干の間違いは、まあ許してもらってもいいかなと自分に甘く思っています。

二十歳のころから、数年に1冊ずつ出るのを読んでいますので、物語が進むこともそうですが、自分の感じ取り方も年に応じて変化していきますので、今改めて「読本」という形の総集編を見ていると、自分自身の変化も含めて、昔読んだ時とは違った楽しみや味わいを感じることができます。あまりに面白いので、もう一回「流転の海」を1巻から読み直そうかな、なども頭をかすめるのですが。。。頑張れるかどうか、、何か人生のやり直しくらいの気力、体力が必要かも?の覚悟がいるような予感です。。。

流転の海を読み始めたのが大学生の時、一緒に読み始めた亡き友を思いながら改めて「読本」と向き合っています。

最後までお付き合い頂き、心より感謝です。良い日でありますように。


にほんブログ村