「こう」です。ご覧頂き、大変感謝です。

今日のテーマは「前職の方の温かい言葉に励まされて」です。

結論は「退職して丸2年経ちますが、まだ所縁の品を会社に飾ってます!との温かい言葉に、とても励まされます、感謝」です。

時々、前職時代に縁のあった方から連絡をもらいます。内容はいろいろですが、先日もまだ所縁のものを会社に置いて、飾ってますよ、の言葉をもらって、そのお気持ちが有難くかつ励まされました。

当然ですが、前職時代の方との縁は時間とともに薄れていきます。そのこと自体はいい事である面もあり、覚悟や気持ちの整理もある程度以上は持っているつもりです。

ただ会社を離れ、ひとりで早期退職生活をしていると時々心細かったり、気持ちが揺れる時があります。不思議なものでそんなときに限って前職の知り合いだったり、旧友だったり、家族や周囲の方だったりに、誰かがどこかで見ててくるのかしらん?と思うくらいのタイミングでの温かい思いや言葉をもらうことが多いように思います。

今回も前職時代の仲間からとても嬉しく有難くなる電話とメールをもらい、元気や励ましをもらったと感じています。改めてその方はもちろん、たくさんの人の縁や励ましへの感謝を思います。散歩中に、ひまわりを見ていると、夏の元気や励ましを感じます。

凹んでいて、もういいかなと思っていると不思議といい事がくるように思いますし、増長していると嫌なことが高い確率で起きると思っています。なんだかとってもよく出来ているように感じます。では増長せずに謙虚であればいいだけのはずなのですが、その簡単なことが中々できません、、、。

最後までお付き合い頂き、心より感謝です。良い日でありますように。


にほんブログ村