「こう」です。ご覧頂き、大変感謝です。

今日のテーマは「退職2年 早期退職生活を楽しく過ごす条件②」です。

結論は「自分が出来ているか、出来ていないはさておいてなのですが、”贅沢と喧嘩しない”、が早期退職生活を楽しく過ごすための条件の1つだと思います」です。

早期退職からおおよそ2年が経ちました。早期退職生活をできるだけ楽しく有意義に過ごすための条件のようなものを考えています。もちろん1つではなくいくつもあるように思いますので、思いつくたびに列記していってみたいと思っています。自分自身が出来ているのか、出来ていないのかはいったんさておいて、2年の経験のなかで早期退職生活を楽しむための要素や秘訣みたいなものの気づきを書いてみたいと思っています。

できるだけいいものを食べたい、できるだけいいものを持ちたい、できるだけいいホテルに泊まりたい・・・贅沢したい気持ちは正直あります。早期退職生活に入り、大きな収入や定期収入を諦めて暮らし出すと、支出の部分での贅沢との付き合い方が1つのポイントかなと感じることがあります。

節約や支出を抑えるために”贅沢を敵”にしてしますと、せっかく暮らしの中で楽しくいい事が起きているのに楽しめませんし、”少しでもできるだけいいもの”の欲”が勝ちすぎると、お金が追っつかなかったり気持ちが荒むかもしれないので、普段贅沢はできるだけ回避し、ただ素敵な場面、ある意味贅沢な場面があれば、それはそれで良い機会だと喜び、楽しむ、くらいがいいのかなと思っています。

そもそも贅沢とは?が人によって受け止め方が違いますし、貧乏旅行やちょっとした外食にちょこちょこ行っている今の暮らし自体、充分贅沢です。(と自分では思いますが、ひとからみたらどうなんでしょう?)いずれにしろ、贅沢と喧嘩せず、贅沢を求めすぎず、贅沢を排除しすぎず、くらいの気持ちでいってみたいと思っております。

最後までお付き合い頂き、心より感謝です。良い日でありますように。


にほんブログ村