「こう」です。ご覧頂き、大変感謝です。

今日のテーマは「騙されるな、負けるな、迷惑かけるな」です。

結論は「人に騙されるな!人に負けるな!人に迷惑かけるな!騙されるなが中国、負けるなが韓国、迷惑かけるなが日本の家庭教育での言い聞かせ文言とのこと」です。

よく出来た各国比較だなと思う上、何となく納得いく部分も多くあります。前に中国の人と話した時にも、何となく中国、韓国、日本をよく表している気がすると言ってました。その人自身は、家で”人に騙されないように”の言い聞かせがなかった訳でもないけど、どちらかというと”人を上回る努力をしろ(負けるな)”が多かったと言っていました。

どの国や家庭でも、騙されるな、負けるな、迷惑かけるな、は教育しているんでしょうが、確かに日本は迷惑かけるなの比重・比率がほかの国よりも少し多いのかもしれません。

早期退職生活に入って、”負けるな”の要素の多くは必要なくなりました。そうすると残った”騙されるな””迷惑かけるな”を重視していくべきなのか、別の良い意味での”負けるな”を作るべきなのか、この3要素ではなく、奉仕や貢献のようなものに軸を移す方も多いようで、まさに生き方、考え方をどうするかの部分です。

騙されるな、負けるな、迷惑かけるな。改めて思うと、とても奥の深いものに思えて少し考えています。

最後までお付き合い頂き、心より感謝です。良い日でありますように。


にほんブログ村