「こう」です。ご覧頂き、大変感謝です。

今日のテーマは「まっすぐな道でさみしい(山頭火)」です。

結論は「俳句は基本たった17文字、この句に至ってはわずか11音なのに、山頭火が心に染みる世界を作り出していてすごい」です。

先日、山頭火に接する機会がありました。人生のところどころで山頭火に出くわすのですが、その度に新しい感動をもらいます。若いころと今では同じ俳句でも受け止め方や心の揺さぶられ方が違うのですが、いつどう出会っても、心に染みる世界を作り出していてすごいの一言です。そして折々に勇気や元気をもらうことになります。この句を、わたしが解説しても意味がないと思うので、あれこれ何も書けませんが、「まっすぐな道でさみしい」。。。。。何度も何度も読み返しています、出会えて感謝です。

その同じ時に、ある家の庭先の木簡にかいてあった「ふとおもひでの水音ばかり」といううたも頭から離れず、この数日何度も唱えています。もっと書きたいことがたくさんあるように思うのですが、何だか山頭火の言葉に圧倒されて、これ以上文字を繋げません。良い言葉によいタイミングで出会えると幸せです。

最後までお付き合い頂き、心より感謝です。良い日でありますように。


にほんブログ村