「こう」です。ご覧頂き、大変感謝です。

今日のテーマは「宝くじの愉しみを仮想通貨(暗号資産)で」です。

結論は「私見ですが、仮想通貨を持っていると宝くじ並みの夢をみたり愉しみになったり、何より一回買うだけでずっと楽しめますので、節約にもなります」です。

2020年1月に楽天ポイント7,500円分をビットコイン・ビットコインキャッシュ・イーサリアムの3つに均等に換えました。最初の頃は総額1万円超した、2万円超したと驚き続けていたのですが、あっと今に3万円、4万円、5万円となり、今年の4月-5月には時価総額が85,000円まで行きました。1年少しで10倍になったことになります。

ここで捕らぬ狸の皮算用をして楽しんでいたのですが、こんなペースだとあと1-2年で8万円が80万円、さらにもう1-2年で80万円が800万円。。。などと空想を楽しみました。こんだけ夢見れるなら、宝くじを買うのと同じくらいは楽しめているな!と感じました。しかも宝くじは控除率が購入金額の半分以上と大きな負担です。夢を買い、夢を楽しむ娯楽としかいいようがありませんが、仮想通貨でも十分代替がきくように思いました。しかも費用は最初の1回だけで、あとは数日に一度宝くじの当選番号を確認するような気持ちで、現在の資産残高を確認するだけです。

もちろん宝くじは当たると数千万円や数億円、かつ1回1回どきどきして数字を確認する作業に夢と娯楽を感じているのだから、仮想通貨残高確認では到底宝くじ並みには楽しめない、という意見があることも判りますが、わたしにとっては仮想通貨でも宝くじに近い愉しみが、安上がりで長い期間楽しめてお得に思っています。

さてご存じの通り、ここしばらくは仮想通貨急落傾向で一時85,000円を超した残高でしたが、一時45,000円くらいになり、今(2021年6/5AM7:00)見ると、54,674円でした。でもいつか数百万になったりして?と今後も空想して楽しみたいと思っています。無税の宝くじと違って、仮想通貨の収益には雑所得として所得税がかかるそうです。要らぬ心配かもしれませんが。

最後までお付き合い頂き、心より感謝です。良い日でありますように。


にほんブログ村