「こう」です。ご覧頂き、大変感謝です。

今日のテーマは「早期退職生活 家計簿と株価変動」です。

結論は「株ほか毎日価値が変動する資産をどう家計簿につければいいのか、今は時価総額が出る家計簿と変動部分は仮固定した家計簿の2種類をつけています」です。

家計簿の自分なりの目的です。①現在の資産・財産状況の把握と将来の見込みや予測を立てるため②お金の入りと出を把握し、管理・節約する、大きくはこの2点です。家計簿から将来の生活設計をしてみたり、急な支出があった場合どこまで耐えられるかを考えてみたり、あるいは毎月の固定費・生活費がどの程度で今後節約の余地があるのかどうかや、今月は無駄な支出が多かったと反省したり、目先数か月の必要支出を考えてみたりなどをすることが多いです。

家計簿をつける中で毎日価値が動くもの、株式や投資信託・ETF、暗号資産などの扱いが難しいと思っています。家計簿目的の①(現在の資産・財産の把握)に対しては、正しい価値(その日の時価)が入っていないと実情把握になりません。例えばですが、ある株が買った時は100万円だったけど。。。のままにしておくと実際今は20万円だったとして(あるいは150万円だったとして)、自分の資産・財産計算上は100万円のままとしています、というはとても変な計算・把握になってしまいます。

家計簿をつけだした一番最初の頃は、銀行口座・生活支出用と証券口座を完全に分けて管理していたので、株価などの変動部分と普段の生活費部分も完全に分かれていたのですが、銀行口座から証券口座に送金することもままあったり、証券口座に入った配当を収入として銀行口座に入れたりなどしているうちに出入金管理が一体化され、テーマの課題がより強くなっていきました。

一方で家計簿目的の②(お金の入りと出の把握、管理・節約)に対して、保有株式が毎日変動した資産・財産を使っていると意味がなさなくなります。例えば、節約して1日計1000円の買い物で済ませたが、株式価値がマイナス3万円で、その日の資産・財産上の支出がマイナス3.1万円になったり、逆に1万円外食したが、株式価値が2万円上がり、その日の支出+1万円の増加、などのようになってしまいます。結局今は時価総額が出る家計簿と変動部分は仮固定した家計簿の2種類をつけています。厳密には不動産や保有する車の価値なども日々とは言わないまでも変動している財産ではあると思うのですが、家計簿にはこの資産は入れていないので、これは無視した状態です。

今と将来がある程度見やすくて、かつあまりに家計管理に時間をかけすぎず、変動要素と基本の出入金を把握できるような家計簿やツールがあればなと思います。本当はあるんでしょうが、見つけれていないだけかもしれません。あるいは今のように面倒な作業をすることで、気づきや先読みをしている部分もあって、あえて手間になっていてもいいかなと思ってしまっている自分もいて、毎日コツコツ家計簿管理を行っています。

最後までお付き合い頂き、心より感謝です。良い日でありますように。


にほんブログ村