「こう」です。ご覧頂き、大変感謝です。

今日のテーマは「早期退職生活 書く愉しみ」です。

結論は「時々書くことをノルマに感じたり、億劫に思ってしまう時があるのですが、書くことの楽しみや贅沢さ、有難さを思い返します」です。

毎週 水曜と土曜までを目標に更新しようと決めて、火曜の夜なのにまだ1行も書いていない日など、更新をノルマやプレッシャーに思ったり、億劫さを感じる時がたまにあります。でもどう考えても個人の楽しみでやっているわけで、ノルマや億劫さを感じるのはもったいない上に、変なことです。億劫に思うくらいなら更新をやめてみたら?と心をかすめるのですが、すぐに下記の結論です。

この1年、書くことで得た愉しみや心の整理、頂いた励ましなどを思い返すと、書くこと自体がとても贅沢で有難いことだと思います。

何かちょっとでも役に立つことが書ければいいな、悪口になっていないように気をつけよう、自分にも人にもちょっとでも前進に繋がる何かになれば、、、、などなどの心がけのようなものを、念頭に置きつつ書かせてもらうことが多いのですが、別にこの心がけを放棄するわけではないのですが、早期退職生活の自然な状態をより自然に書ければ嬉しいな、などと改めて感じた次第です。取り留めもない内容ですが、これも自然体ということで。。。

最後までお付き合い頂き、心より感謝です。良い日でありますように。


にほんブログ村