「こう」です。ご覧頂き、大変有難うございます。

今日のテーマは「早期退職生活 ポイ活アプリを削除してみると」です。

結論は「改めて時間の大事さと使い方、それを考える機会になりました」です。

ポイ活が費用対効果、時間の使い方としてあまり有用ではないと昔から思っていたのですが、この1年ほどちょこちょこポイントを貯めてきました。理屈としては次のものです。退職生活で自由な時間はぞんぶんにある。その中でちょっとスマホを操作するだけで1日10ポイントなりたまると1か月300円少し貯まっている。しかもこの操作はジムで自転車漕いでる時間などにしているので、ポイ活のためだけに時間を取ったり、費やしたりしているわけではないので、せめて何百円かでも足しになるだけでもまあいいのでは。。。。

先月、スマホアプリの断捨離をしていく中、ポイ活アプリも削除してみました。実感としてはポイ活を実施したり、今日はした・しないを考えたり、確認したりする必要がなくなったことで再確認したのですが、獲得していた数百円分の価値以上に心身に負荷をかけていた!と判断しました。たしかに実際のポイ活操作時間は1・2分でかつ隙間時間や自転車漕ぎながらなど、このために専念して時間を使っていないというのは事実ですが、そうは言っても寝る前に今日はやるの忘れていたなと思ったりの心の負担の部分もありました。なによりスマホをクリックするだけ、を習慣的にする癖をつけることが、大袈裟ですが人生を豊かにする方法からは遠いな、というのも改めて再確認しました。

メルカリで同じ数百円かせぐためには、写真を綺麗に撮り、丁寧に商品案内を書き、売れたら丁寧に梱包し、速やかに発送するなど、とても手間がかかりますが、ポイ活はスマホをクリックするだけで簡単かつ苦労もありません。何の苦労もないが故に、メルカリのように気遣いする習慣やノウハウ・経験が残るわけでもなく、ポイ活は時間の安い切り売りの典型だというのが、いまさらながら思った次第です。

ですので、ポイ活でちょっとしたポイントをもらって嬉しい気持ち、とはお別れです。もちろんいろんなカード会社や〇〇Pay、マイルほか普通の利用や買い物で貯めれるポイントは貯めます。ポイ活以外でも、何の苦労も経験もノウハウもない中でお金やポイントがもらえるというのことは、何か大事なものを切り売りしているのかもしれないな、などと思案が交錯してます。。。

最後までお付き合い頂き、心より感謝です。良い日でありますように。


にほんブログ村