「こう」です。ご覧頂き、本当に有難うございます。

今日のテーマは「早期退職生活 一度超えると簡単に思える」です。

結論は「会社員時代や退職後1年目には1日1万歩を歩くなんて到底無理と思っていました。昨年12月に猛烈に追い込み、2020年平均1日1万歩を無理やり達成させました。するとあんなに厳しい目標に思えた1日1万歩が非常に簡単になり、今年の平均は1万歩を大幅に超えています」です。

かつては1日平均1万歩なんて到底無理に思っていました。実際仕事の合間にひまを見つけては歩いたりもしたのですが、せいぜい7-8千歩平均が限界でした。退職後もできるだけ何かの折に歩くようにしていましたが、それでも9千歩少しでなかなか平均1万歩は無理でした。

昨年年末に1日で3万歩以上の日などがあり、頑張れば行けそうな感じだったので、12月に猛烈に歩数を稼ぎ、何とか1万歩平均/年間を達成しました。そうすると今年は1万歩のハードルが非常に下がり、4月終了地点の平均歩数は13,000歩を超えています。なんでもそうなのかもしれませんが一度ブレークスルーしたり、達成して感覚がわかるとその先は案外いけるものだと再認識しました。一緒にするのもおこがましいのですが、スポーツの大記録なんかも絶対無理というような何年も何十年も塗り替えられない記録が更新されると、その先はその大記録に近いものが何度も出たり、大記録をさらに更新されるようなことがよく起こります。

時々行く散歩コースで自分より明らかに年上で、少し上半身がご不自由な方がおられるのですが、私なんかよりよっぽど速度早く駆け抜かれていかれます。こんなもんだと限界を決めずに、1つでもたくさんのことをやったり、知ったり、試みたりしてみたいものだと、思います。

最後までお付き合い頂き、心より感謝です。良い日でありますように。


にほんブログ村