「こう」です。ご覧頂き、大変有難うございます。

今日のテーマは「早期退職生活 しんみりした気持ち」です。

結論は「家族のひとりが我が家を巣立って約1か月。部屋からどんどん気配が無くなっていきます。寂しくしんみりした気持ち」です。

家族が引っ越した後の部屋を掃除していると、最初の1・2週は、毎日掃除機かけているのに、いったいどこから出てくるのかな?と思うくらい髪の毛が出てきたり、しばらくはいろんな名残がありました。しかしさすがに1か月くらい経ってくると、そんな経験もなくなり、もう住んでいないんだなと実感することが多くなります。

いざ離れて暮らし出すと、一緒の頃にもっと〇〇すればよかった、もっと△△できたのでは?など掃除しながら寂しかったり、感傷的な気持ちの最近です。次のステップに向けて旅立っていったわけですから、寂しいというよりは本当は喜ばないといけないことを理屈ではわかっているのですが、しんみりした気持ちになります。

午前に買い物に行って、昼食後にお茶を飲んで、散歩に行ったあとに部屋掃除を開始して、いろいろ考え事になりました。のどかで柔和な春の日です。

最後までお付き合い頂き、心より感謝です。良い日でありますように。


にほんブログ村