「こう」です。ご覧頂き、大変有難うございます。

今日のテーマは「退職1.8年後の国民年金保険料の支払い」です。

結論は「大幅な割引を狙って2年分の前納をしました。年金機構に行ったついでに保険料免除についても確認しましたが、免除対象外だった」です

令和3年4月-令和4年3月までの国民年金保険料は月額16,610円となりました。2年分を前納とすると383,810円でした。よっておおよそ1か月分近くの14,830円がお得となります。まとまった金額が一気に出ていくことがデメリットですが、毎月の支払の手間がなくなり、カード払いにしましたのでカードのポイントもお得となります。

少し前にカード払い手続きをしていたのですが、先日郵送で保険料納付書がきたので、念のため年金機構に確認に行ってみました。ついでに国民年金保険料の支払い免除の要件も聞いて、あわよくば対象ではないか?を聞きたい目的もありました。

まず保険料2年分のカード決済の件ですが、無事手続きは終了しており、到着した保険料納付書は破棄して欲しいとのことでした。カード処理手続き完了と保険料納付書郵送のタイムラグがあり、送られてしまうことはたまに発生してしまうとのことでした。

国民年金保険の保険料が免除になる要件ですが、単身の場合で年間所得が約57万円以下が目安とのことでした。配偶者・家族ありの場合も世帯人数X57万円程度の年間世帯所得が目安とのことでした。目安の結果私は免除の非対象で難しいとのことでした。また仮に対象で免除を受けることができる場合でも、今回のように2年分を前納していた場合、払った分は免除対象にはならないので、もし免除を受ける場合は前納せずに、免除手続きを進める必要があるそうです。いいのか悪いのか分かりかねますが、次回は前納分の期間終了した2年後に免除を受けるチャンスがあるということです。その時に要件を満たしているか確認の上、もし対象なら手続きをするとよいようです。

話は変わりますが、固定資産税の納付用紙も先日到着しました。今年から居住自治体がPayPay払いも可としましたので、PayPayバーコード払いでまず最初の1期分を払ってみました。銀行やコンビニでの現金払いは何も還元がありませんが、PayPay払いでは数百円ですが、ポイントがもらえるようです。国民年金保険料をカード払いし、固定資産税をPayPay払いするご時勢ですが、ついて行かざる得ません。

最後までお付き合い頂き、心より感謝致します。良い日でありますように。


にほんブログ村