「こう」です。ご覧頂き、本当に有難うございます。

今日のテーマは「早期退職生活 正月明けの出勤」です。

結論は「休みが終わってしまった!の落胆や健康・気力・体力・仕事に燃える1年!や様々な憂鬱!など人それぞれの年始のスタート、自分も含めて頑張れ!の応援」です。

今年はコロナの影響もあり様々な仕事始めのようですが、1/4から出勤風景が増え、1/5は更に増加、1/6にはほとんどの会社がスタートするような気配や風景でした。

会社員時代はだいたい1月3日か4日に仕事始めでしたので、元旦は行事も多いので気もまぎれてまだいいにしろ、1/2にはせまりくる休み終了のカウントダウンが、心のなかで高く響きだしていました。せっかくの5連休なのに、まだあと2日も休みがあるとは思えず、もう2日しか休みが残っていないと思いましたし、休み最終日の憂鬱などを思い出すと、むしろ休みやではなく勤務している方が精神状態がよかったのではないかと思うくらい、本末転倒な時もありました。

昨年、今年とこの休みが終わってしまう焦燥感や不愉快がない年始を迎えました。このこと自体はとても有難く、平穏な気持ちです。しかし本当に自分は欲張りだな、と思うのですが、前より年末年始の高揚感がちょっとないな?と思って考えてみると、今は喪失感がない分、休みを迎える前のカウントダウン感や期待感、嬉しさもないからかな、など思いました。どっちがいいのか、これも人それぞれかもしれません。

日米の株式市場も始まったり、別途書いてみたいと思うのですが、仮想通貨・暗号資産がすごい動きになっていたり、もちろん非常事態宣言発出など、今年もいろんなことが起きそうです。

平穏な1年を願います、と書きたい気もするのですが、平穏な1年などないという覚悟や気持ちでいた方がちょうどよいのかななどと思いながら、今年も通勤風景を眺めました。

最後までお付き合い頂き、心より感謝致します。良い日をお迎え下さい。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

にほんブログ村