「こう」です。ご覧頂き、本当に感謝申し上げます。

今日のテーマは「早期退職生活 当たり前の時間」です。

結論は「当たり前の時間や日常の有難さをしみじみ感じます」です。

大晦日に掃除や片付けとおせちの準備を終え、紅白を見ながら、年末ジャンボ宝くじが案の定外れていることを肴に晩酌する。元旦に年賀状を見て、お雑煮を食べる。(まだ今日以降ですが)2日から箱根駅伝を見ながらおせち以外の食べ物にちょっと手を出す。・・・・・

当たり前の時間や日常があるということは、健康だけでなく、あらゆる巡りあわせに支えられていることを実感致します。当たり前の時間と日常に感謝しつつの年始です。

退職生活では日常の起伏を自分でつけていかないといけないので、”当たり前の時間”の有難さ、”当たり前の時間や日常”が”当たり前”だったり”日常”であることの困難さを痛感する時があります。

ゆえに当たり前の時間と日常により感謝しながら、来るべき新しい経験や出来事も楽しんでいけると最高だと思っています。今年もどんな事があるのか?良い事ばかりでないとは思いますが、心準備して待ち受けたいと思います。

最後までお付き合い頂き、心より感謝致します。良い1年でありますように。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

にほんブログ村