「こう」です。ご覧頂き、本当に有難うございます。

今日のテーマは「50代早期退職生活 60-65歳で退職を迎えていたら?」です。

結論は「早く退職生活を知ったからどうこう、でもないのかもしれませんが、仮に65歳で定年退職して家に入ったら今みたいに家事やいろんな事に手を出す気になれたかどうか判りません」です。

多くのサラリーマンは定年退職したり、定年延長や嘱託を経て、60-65歳で退職することが多いのかと思います。(今後は70歳などもいわれておりますが)そして今までの生活を一変し、会社や仕事ではなく、家や趣味と会社以外の付き合いの中で生きていくことになるのだと思います。

私の場合、それを50代前半で経験し、味わっています。何をしよう?だとか、家族との心地よいすみ分けは?だとか、思ったようにいろんなことが上手くできない不器用な自分への苛立ちなど、おおよそ想像がつくような苦心や悩みが当然のように押し寄せてきます。

これをもし60-65歳でやっていたら?と思うと、今よりもっと億劫に思う気がしますし、年齢もそうですが、より会社員を長く続けた分の習慣が抜けないのではないかと想像します。だからと言って50代前半で経験した方が良いというつもりでもありません。

家事や会社以外の付き合いや趣味は退職後に考えるのではなく、在職中から準備しておくべきという、よく言われる当たり前の事に、今更ながらその通りと腑に落ちる思いです。終わったことはさておいて、せっかく50代前半の年齢でのこの環境に対し、たくさんのチャレンジと少しでも多くのことに触れたいなと思っている次第です。

最後までお付き合い頂き、心より感謝です。良い日をお迎え下さい。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

にほんブログ村