「こう」です。ご覧頂き、大変感謝です。

今日のテーマは「早期退職1.5年後の真実(体編)」です。このあと、”早期退職1.5年後の真実(お金編)”と”期退職1.5年後の真実(気持ち編)”の2回を書いてみたいと思っています。

結論は「健康・体力は退職の影響で悪くなったということはない」です。

退職生活に入り暴飲暴食したり、運動不足で体重が大きく変わったり、生活が不規則で体調に異変をきたしたり・・・・の懸念を自分でもちょっとしていましたし、周囲もそうだったと思います。

結論の結論ですが、今のところ体重も微増ぐらいで、健診結果も会社員時代より悪くもなっていません。脚痛などに悩まされていたのも退職生活に入り、大幅に痛みが取れました。まめな散歩、ジムでの運動など心掛けていますが、体調にはこれが良いのかもしれません。

前に書いたのですが、アーリーリタイア生活だ!と張り切って朝から酒飲んだり、寝たい時には寝るというのも素敵な事だと思うのですが、いざそれをずっとやれとなったら、これはこれで相当の努力がいるように感じています。結局わたしの場合、面白くないのですが、結構規則正しい生活、になっている感じです。

会社員の頃も、とても体力を消耗したり摩耗するような仕事ではありませんでしたので、体力面、体調面では特に変化なく、普通に歳を重ねた程度と思っています。やはり変化が大きのはお金と気持ちのほうだと思ってます。

最後までお付き合い頂き、心より感謝致します。良い日をお迎え下さい。宜しければ→も。50代早期退職生活 リタイア生活の夢と現実 好きな時間に起きて、寝る?

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代セミリタイア生活へ