「こう」です。ご覧頂き、本当に有難うございます。

今日のテーマは「年別家計簿、月別家計簿、日別口座別家計簿、悩み多き家計」です。

結論は「3種類の自作エクセル家計簿をつけています。先日2021年度の日別家計簿のファーマット作成と予測支出の書き込みをしました。退職2年目よりは3年目の方が住民税・国民健康保険費用は減りますが、それでも生活全般で結構な支出がありそうで頭が痛い」です。

退職生活に入ってから、一応自作エクセルフォーマットでの家計簿をつけています。①年度別家計簿≒99歳までの年度別で、収入合計、支出合計、総資産残高の作りで、支出・収入の覧は大項目(公的費用・生活費・・/年金収入・その他収入・・・)だけ作ってあります。これをみると、何歳でいくら残っているや何歳でいくら足りないなどが判り、支出や収入のコントロール・調整をしないといけないかどうかの管理・警告用としています。

②月別での家計簿です。支出を中項目(固定資産税・国民年金・住民税・国民健康保険・電気・水道・食費・・・・など)にしてあります。毎月の収支をみて、年度計画との乖離などを確認する用途です。

③日別で銀行口座別の出納で、費用項目も使った内容そのもの(但し生活費・買い物はほとんどキャッシュレスですので、その内訳はカード明細で管理)を記載しています。銀行口座と支出の整合や引落管理に使用し、かつこれを合算すると月別が完成するための、日々管理ツールです。

こう書くととても細かくお金の管理ができているような感じなのですが、結局は多くの支出は後付けでの管理になっています。2021年全体で〇〇にXX円を予定、そのために月別では△△円、のようにできればいいのですが、そうはいかずに何にいくら使ったかを後追いで集計し、その後に来月以降はもう少し減らさなきゃなどの反省用となっています。

昨日2021年の1-12月までの日々管理のフォーマットを作り、すでに予定が判る支出項目・金額を書き込んでいきました。住民税・健康保険関連は今年よりは減ると予定していますが、国民年金や固定資産などは(ほぼ)変化しませんし、予定支出を入れるだけでも、結構あるので頭が痛いです。これに予定外(自分で予測できていないだけでなく、抜け・漏れも多いと思われますので)が追加されると思うので、もっと頭が痛いです。さらにコロナが収まっていたら、出来れば旅行や外食もこのくらい行きたいな・・と入力していくともう話にならないレベルでお金が減少していくので、それは一旦削除して、何とか数字の収まりのあるギリギリのものを完成させました。

しかし、2021年の日別口座別家計簿と予定を入力しながら”柄杓ですくってバケツでまく”という言葉が浮かびました。

旅行代などは持っている株が爆上がりして捻出してくれないかしら?などと邪な気持ちになるのですが、ダウ史上初の3万ドルや29年ぶりの高値の日経平均などと言っている最近でさえ、大してもうけがない腕前では期待できなさそうです。家計簿というかお金の管理法もより良い方法・工夫を更に考えていきたいと思っています。

最後までお付き合い頂き、心より感謝致します。良い日をお迎え下さい。宜しければ→も。早期退職生活を実名や実際の資産金額を入れてブログに書く?

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代セミリタイア生活へ