「こう」です。ご覧頂き、本当に有難うございます。

今日のテーマは「FIRE(Financial Independence, Retire Early)の先の先?」です。

結論は「今後は益々FIREが一般化し、経済的自由を手に入れた後の生き方や思想が次のブームになるのでは?」です。大上段なテーマを選んで、少し後悔しながら書き出しています

私の世代では、FIREの考え方が割と多くの人に受け入れられて、一般化しそうなこと自体が驚きで、もっと若い頃にこの考え方を知ったり、学んだり、準備できたらよかったなと思っています。今更言っても仕方ないのですが。

その羨ましい思いを秘めながら、とてもFIREしたなんて言えない自分の立場で最近のFIRE情報を聞きかじってみると、やはり”経済的自由を手に入れる”ための手法や考え方、方法が一番興味を引いているように感じます。とても大事な点なので、もちろんそれでいいというか、経済的自由を手に入れて初めて始まるものですから。

退職生活を始めた身の上からは次のように思います。①経済的困窮=充実した退職生活は送れない②経済的自由=充実した退職生活を送れる。①はそうだと思うのですが、②は必ずしもそうではなく、経済的自由によって充実した退職生活を送れる基礎は整っている、くらいまでかなと思います。

この”基礎は整っている”→”充実した退職生活を送れる”に1コマ進めるノウハウや方法の模索が、今後より求められるように思いブームになるのでは?の思いです。こう書きながら”充実した生活”とは奥の深すぎる話で自分自身も充実のために、どこまで何をやれているのか???で思案が立ち止まり、今後の宿題にしたいと思いました。今日のところは、ちょっと中途半端なのですが、何か結論めいたことを無理やりに書かずに一旦終わりたいと思います。

最後までお付き合い頂き、心より感謝致します。良い日をお迎え下さい。宜しければ→も。早期退職生活 再就労への3つの心の壁

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代セミリタイア生活へ