「こう」です。ご覧いただきありがとうございます。

今日のテーマは「50代早期退職生活 真の自由は手に入れた?」です。

結論は「まだ手に入れていない」です。

50代前半で会社を早期退職し、せっかく手にした早期退職生活なので、とても自由で、束縛もなく、願っていた夢が完全に叶った、と吹聴したいのですが、実際に仕事や会社に束縛されない暮らしをしても、完全に心が自由になるには、まだまだ修行が必要だな、と思っております。状況と思いを羅列しますと、①確かに仕事や会社の束縛はなくなり自由。ただし生活のなかの別の制約や束縛がゼロになるわけではないので、完全自由を手にした高揚感は起きてこない。②そもそも制約・束縛ゼロが欲しいのではない気もする。生活リズム含め、むしろ制約や束縛があったほうが良い点などもある。③行動の自由、選択の自由、判断の自由が欲しいと思ってきたなかで、毎日毎日 行動も選択も判断もふんだんに自由に判断する局面があるわけではない。④自由は手にしているので、この自由をどう使うか、どう活かすか自分次第、という感じでしょうか。

たぶん今後も、自由の意味や自由の使い方、などは悩ましく思う時も出てきながら、どうあるべきなのか考えていくのだと思います。ただ会社員時代よりも多くの自由な時間を手に入れたのは間違いないので、その自由をどう使うのがいいのか、これからも試してみます。①ぼーっとする②寝る③何もしない④動く⑤働く⑥読む⑦勉強する⑧歩く⑨家事する⑩旅行する⑪書く・・・・・・どれにどの配分をすると幸せで自由なのか、たぶん人によって全然違ってくるように思いますし、自分にとっては行動内容だけでなく、心の持ちようや、心の動きで幸せを感じるかどうか、決まってくるように思っていますので、まだ試行錯誤が続きます。人間(自分)って贅沢ですね、こんな自由な暮らしを手にしながらも、まだもっと良い形があるのでは?と思ってしまうのです。

最後までお付き合い頂き、心より感謝いたします。良い日をお迎え下さい。

PVアクセスランキング にほんブログ村