「こう」です。ご覧頂き、本当に感謝です。

今日のテーマは「スーツ10着、箪笥の肥やし」です。

結論は「冬用5着、夏用5着のスーツがクローゼットの場所を取っているので、捨てようと思案したのですが、結局もう少し置いておくことにしました」です。

冬用スーツ5着、夏用スーツ5着がクローゼットを占領しており、この1年で礼服を除きスーツを着た回数も4・5回でしたので、せめて半分にしたら場所も随分空くので、の思案をしました。

結論は捨てきれずに残すことになりました。①どれを捨てて、どれを残すか甲乙つけ難く選びきれなかった(安いけど気にいっている、、、捨てるには忍びないほど結構奮発した値段、、、何年か来たけど着心地よくて、、、まだ2・3回しか着ていない新品・・・・)②万が一にスーツを連続して着る仕事なりアルバイトなりの際に、また買うのも馬鹿らしいしの思い③退職後2・3Kg太ったとは言え、一応どれもまだ充分着れた④いろいろ言ったり、思ったりしますが、要はまだ愛着もあってす、スパッと捨てるには物心ともにもったいなく思ってしまった、以上の感じです。

しかし、この10着とは別に愛用していないスーツ(痩せてだぼだぼになったスーツだが、万が一また太った時用に置いていたものなど)も何着もあり、これは処分の決意を付けました。本やブランドバッグなどは売りようがいくらでもありますし、既成のブランド服も売ることもありなんでしょうが、スーツは本当に買った値段がいくら高くても、ほぼ自分にしか値打ちがないので、買値では何十万かでも現在価値は二束三文のものを、貧乏性なのか、まだスーツにこもっている想いや思い出なのか判りませんが、一気に捨ててしまう決断には至りませんでした。

まあスーツ姿も気持ちが引き締まるので、ちょいちょい着てみてもいいかななど思ったのですが、実際に必要なくスーツを着て外出してみる、ということはしなさそうに思います。もうしばらく箪笥の肥やしとして頑張ってもらいます。

最後までお付き合い頂き、心より感謝いたします。良い日をお迎え下さい。もし宜しければこちらもご覧頂けると嬉しいです。早期退職生活 記憶のいい加減さと有難さ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代セミリタイア生活へ

にほんブログ村