「こう」です。ご覧頂き、本当に有難うございます。

今日のテーマは「資産は全額銀行預金 すごいギャンブラーですねと外人に言われた話」です。

結論は「10年くらい前に中国の人に言われた言葉で、当時は資産全額が銀行預金で超堅実なのに??と思いましたが、外人目線ではすごく偏った資産管理をしているように見えることが今なら少し分かる気がします」です。

10年少し前だと思うのですが、当時仕事の絡みで親しくしていた中国の方と資産と資産運用の話になりました。その方は本当は、資産はいろいろ分散したいのだが、上海のマンション価格があまりに高いので、結局今はマンションがほぼ全てになってしまっている。早く支払いを終えて不動産以外の資産を増やしていきたいとのことでした。

こうさんは?と聞かれ、当時は自宅も購入前で不動産資産もなかった為、資産は全部銀行預金、と返事しました。すると冒頭のすごいギャンブラーですね!の言葉がありました。こちらがびっくりしてどうして?銀行預金は一番堅実・安心で日本人の多くがそうしていると思うし、ギャンブラーの正反対だと思うのだが?と聞きました。

彼曰く、財産を全て同一のものにしている点ですごいリスクテイクで、国がどうなるか?銀行がどうなるか?その通貨の価値がどうなるか?将来は判ったものではないので、できるだけ複数のものに資産を振り分けたいのですが、との事でした。確かに日本でこの50年いろいろなことがあったとは言え、国やお金の根底が覆る変化はなかったので平和ボケしている面はあるのだと思います。中国のこの50年の変動もそうですし、USやEUの一部の国を除き根底が覆るか覆りかけることがある方が世界の多数派なのかもしれません。

華僑の人やユダヤの方の資産管理は増やすことよりもまず守りや全部を失わないことを前提にしていると聞きます。いろんな国・通貨、種類を分散した資産保有・運用は理にかなっているようです。但しわたしのようにそうたいしてない資産では、通貨をいくつも分けて、株、不動産、債券、金、仮想通貨、、、という訳にもいかない上に、分散させすぎることでの費用や管理の面でも意味が少ないと思いますが、資産を全額銀行預金にしていることが、世界目線で言えば結構なギャンブラーということには、今なら同意できるようになりました。

でも逆説的なのですが、預金(貯金)が一番、安心・安全と多くの日本人が信じていられることが、平穏な社会・国を守れているということですし、この先の何十年後かにも”ほら変な投資に手を出さずに、しっかり預金しておいてよかった”という人がたくさんいれば、良い国を守れたということで、それはそれで良いことにも思います。

最後までお付き合い頂き、心より感謝いたします。良い日をお迎え下さい。宜しければこちらもご覧頂けると嬉しいです。退職金専用定期預金 退職金を預けるべきか?

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代セミリタイア生活へ

にほんブログ村