「こう」です。ご覧頂き、本当に感謝です。

今日のテーマは「50代早期退職生活 やはり仕事をするべき?」です。

結論は「やってないくせに変なこと言うのですが、するべき」です。でも結論と違うふうに過ごしてます。

恥ずかしながらあまりほかの方のブログ読めていないのですが、お一方ずっと愛読させて頂いているブログがあります。その方は完全リタイア生活のあと、週数日の仕事を見つけて働いておられ、やっぱりそれがいいのかな、などと焦りでもないのですが、わたしもどうしたものかと考えてしまいます。

①若干でも収入になる②生活リズムが整う③社会とのつながり・関係性の維持④気持ちの張り⑤身だしなみほかへの気遣い・・・などでしょうか。良い点が多いようです。悪い点も考えてみるのですが、ちょうど良い仕事あるか?や今の生活リズムが乱れてしまう、など自分勝手な点ばっかりが思い浮かび、それは決して悪い点ではないようです。

ですので、何かあれば働かせてもらいたいなと思いつつ、でもここで無理やりに仕事やパート探しに焦って、不本意な生活を始めたら、何のための早期退職生活か?とも思いますので、しつこいのですが今の生活の中で心や体を整えつつ、何かあれば仕事も含めてトライしてみたいと思っています。

焦らず、焦らず、と言い聞かせている地点で焦りがあるのかもしれません。ほかの人からみれば、50代前半でぶらぶらしているんだから、もっと焦らないとだめ!と叱られると思います。

最後までお付き合い頂き、心より感謝いたします。良い日をお迎え下さい。もし宜しければこちらも。早期退職生活 再就労への3つの心の壁

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代セミリタイア生活へ

にほんブログ村