「こう」です。ご覧頂き、本当に有難うございます。

今日のテーマは「早期退職生活 幸せなこととは?」です。

結論は「幸せの玉手箱を探したり、待っていては駄目かな?と思いました」です。

散歩には気候も最適になりました。先日も初めての道を歩きながら嬉しい気持ちだったのですが、ふともっと何かいいことないかな?と思い、一体自分は何が起こって欲しいのかな?と考えることになりました。いいこと、幸せなことがもっとたくさんあれば嬉しい。いいこと、幸せなこととは?=思いやり・労り・素敵な経験・・・・・などでしょうか。1つのいいことだけではなく、何でもいいので、幸せがいっぱい入っている玉手箱みたいなものが来ると嬉しいのだけど。。。。のような思案です。

良い事、幸せな事、自分の欲しいものを決めずに、”全部欲しい”と思い、しかもそれを得るために能動的にではなく、受動的に待っている。これは相当危ない考えというか、危ない状態かなと改めて思いました。

もし思いやり、労りあいが欲しいのであれば、誰とどんな思いやり、労りあいが欲しいか決めて、自分が先に始める。もしお金がもっと欲しいのなら、時期と目標を決めて行動する。具体的に言葉にしてみると直接的すぎるのかもしれませんが、漠然といい事ないかな?と思っているのはちょっと駄目かなと思いました。玉手箱=自分の欲しい幸せ、と思うと、玉手箱の実際の中身を考えるのは大事なことですので、自分はどうありたいのか、自分はどうしたいのか、もう少し探索していきたいと思います。

浦島太郎の話では玉手箱は”何があっても絶対開けてはいけない”と言われて渡されたもので、そして実際に開けてみると煙が出てきて。。。。。玉手箱自体は欲しがってはいけない物のようです。そんなこんなを考えていると、昔世話になった人にもらった”足るを知る”が書かれた置物に笑われた気がしました。

最後までお付き合い頂き、心より感謝いたします。良い日をお迎え下さい。50代会社員は幸せか?50代早期退職者は幸せか?

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代セミリタイア生活へ

にほんブログ村