「こう」です。ご覧頂き、本当に感謝です。

今日のテーマは「早期退職生活 1年以上無職で暮らした本音」です。

結論は「いい事もそうでない事もありましたが、何とか暮らせているので、まあまあ」です。

①リタイア生活をしていると、働いていない引け目もあるのか、この生活を強く肯定したり、正当化したりしたくなる時があります。当面生活できる蓄えはあるのだから、ハローワークほか収入も少しはある、この機会にもう一度自分を見つめ直し必要なマインドを作る、自由を謳歌する、自己責任で判断し行動していく・・・・・・。

②逆にすごく否定的で自虐的な思いに囚われる日もあります。あれもこれも無くした、こんなにのんきに暮らしていていいのか、自分は先々何をすべきなのか、もうやれる事は何もないのでは・・・・・。

肯定的な面も否定的な面もありますが、今の心持ちはちょうど(①+②)÷2くらいが本音かなと思います。後悔がない訳でもありませんが、究極に心から悔いているということはなく、たぶんもう一回時間が戻っても同じ選択をするだろうなという予感ですし、とてもいいことだらけで自由でなんの悩みも制約もなく、最高の暮らしですは言い過ぎ、の感じでしょうか。

ということは、「何とか暮らせているので、まあまあ」くらいを今地点とし、これから先、また年々その評価や本音がどう変わっていくか探っていきます。

もう少し家族に更なる幸せの道を作れたら、もう少し収入やお金があれば、もう少し旅に出れたら・・・・などといろいろ欲深い思いも出てくるのですが、欲があるうちは完全な幸せを感じることもない(足るを知る、の境地に至るにはまだまだ遠そうです)かもしれませんが、欲が道を切り開く力にもなりうるかと思い、もう少し欲と付き合っていこうと思います。

最後までお付き合い頂き、心より感謝いたします。いつも有難うございます、良い日をお迎え下さい。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代セミリタイア生活へ