「こう」です。ご覧頂き、本当に御礼です。

今日のテーマは「早期退職生活 前職会社の人事情報」です。

結論は「他人事」です。もっと関心持ったり、批評心が起きたり、妬んだり、いろんな心が起きるのかと思っていましたが、辞めると他人事です。

退職後も前の職場の飲み会に何度か誘ってもらったり、同期や世話になった人が飲みに来てくれたり、近況伺いのメールくれる人からの話や新聞の辞令見てなど、前職会社の人事情報を知る機会があります。

上層部人事や自分が関わっていた部署の異動・担当変更など、在職時だと大変重要に思うような人事を聞いても、ある意味平静というか、はっきり言うと、ひとごと、として聞けています。もちろん退職した以上、適任だとか、良くない人事だとか批評しても仕方ない上に、それは今やっている人たちに失礼だとの思いや理性もあるとは思うのですが、もっと冷静というか冷淡というか、あっさりした受け止め方と気持ちです。

たぶん退職後、1・2か月はもう少しは在職時に近い気持ちも残っていたと思いますが、新生活に徐々に慣れて覚悟が出来てくるのと合わせて、自分が関心を持つ事柄ではないと、自覚していったようです。辞める前に思っていたのは、退職しても核心の人事情報など聞いてしまうと、関心持ったり、批評心起きたり、妬んだり、いろんな心を起こすのかと思っていたので、案外自分は淡泊なのだなと思いました。いい事なのか悪い事なのかは判りません。

以前に退職された方と食事した際に聞いた意見は、おのおの別でした。、①前職会社の人事がすごく気になる、特にあまり好きでなかった人の動向②在職中と違って全く気にならない、もう他所事、の2つの想いを聞いたことあったのですが、今のところ、私は②のようです。

今、旅先の景色、海と波を見ながら、これを書いています、久しぶりの旅の感慨です。

最後までお付き合い頂き、心より感謝いたします。良い日をお迎え下さい。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代セミリタイア生活へ

にほんブログ村