「こう」です。ご覧頂き、本当に感謝です。

今日のテーマは「50代早期退職生活 ビジネスバッグの底の1万円札」です。

結論は「会社員時代何かあった際の為に、かばんの底に入れていた1万円札を発見しました。同時に緊急用小物セットもあり、改めて当時の心配事や想いを見つけました」です。

先日、掃除をしている際に、ビジネスバッグに少し埃がついているのを見つけました。確かに1年近くは使っていないのでと思い、はたいたり、拭いたりしながら、いい事を思い出しました。会社員時代は出張や外出が多かったので、財布を無くしたり、何か非常事態あった場合に備え、かばんの一番奥底の小さなポケットに1万円入れていた、でも退職後にかばんを片付ける際に出したような気もするけど?

2個あるかばんの1つ目を丁寧にみていったのですが、1つ目には何もなく、しかし2つ目のかばんの一番奥から小さく、小さく何回も折りたたんで、前職会社名の封筒に(封筒も何回も折りたたんで)入っている1万円札を発見しました。1万円の臨時収入はラッキーですが、1年前の自分が1年後の自分に元気でやってるか?と言っているようにも感じました。

1万円札の横、同じく小さく小さく折りたたんだ封筒に、緊急小物が入っていました。出張セットなどは別に持っていましたので、これは1万円と同じく本当の緊急用だったはずです。たぶん作って入れたのが5年や10年前で、入れたことも中身も忘れてしまっていました。中身を見ながら当時の心配事や想いを懐かしく見つけました。中身は、絆創膏2枚、胃薬1粒、市販の精神鎮静剤1錠、お守り、小銭110円、携帯電話番号と自宅の電話番号のメモ、でした。

最後までお付き合い頂き、心より感謝いたします。良い日をお迎え下さい。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代セミリタイア生活へ

にほんブログ村