「こう」です。ご覧頂き、本当に有難うございます。感謝です。

今日のテーマは「50代早期退職生活 リタイア生活の夢と現実 好きな酒を好きな時間に好きなだけ飲む?」

結論は「そうありたい」です。

退職生活に入って、好きな酒を好きな時間に好きなだけ飲む、がやれる人は、本当に真の意味でお酒好きな人だと思います。退職生活でのやりたい事や夢が、お酒だけの場合は文句なしですが、やりたいことが本を読む、やXXをする、△△を作る、・・・とたぶんたくさんある中で、もしお酒を好きな時間に好きなだけ飲んでしまうと、私の場合は他が台無しになります。逆にそれを警戒して、酒はXX時までは絶対飲まない、などあまり堅苦しく縛らなくても、何となく自制が効くように思います。人によると思うのですが、わたしでいえば夜はお酒飲みたくなりますが、昼に飲める環境にあるからと言って、飲みたいとは思わないようです。よほど遠来の客が、友来る、の感じの時などは別ですが。退職当初は警戒して、昼酒はしない、などいろいろ思っていたのですが、そう力んでルールを決めるより、自然体でもいいのかな、と思うこの頃です。

よって、好きな酒を好きな時間に好きなだけ飲む、としておいてもそんなに実害もないので(良いこともあまりないかもませんが)、特に何か縛りを決めたりせずにとしています。ただ、良い酒は飲み過ぎになることが多いので、在庫しているお酒は、コストも加味し、飲み過ぎず、味もほどよくのバランスを考慮しています。しかし、早くいわゆる宴会、をもう一度してみたいものです、2月以来遠ざかっています。

最後までお付き合い頂き、心より感謝いたします。良い日をお迎え下さい。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代セミリタイア生活へ

にほんブログ村