「こう」です。ご覧いただき、本当に感謝です。

今日のテーマは「早期退職生活 株式配当の無配、減配懸念」です。

結論は「多くの持ち株で無配や減配になりそう、退職生活には気持ち的にこたえますが、まだ株価自体はある程度踏ん張っているので、よしとして、やせ我慢する」です。

株価や景気動向に何ができるわけでもないのですが、退職生活での株式配当は、あてにしている部分とお金が入ってくる安らぎ感の両面有難いのですが、今のコロナショック含む経済情勢から、無配や減配を決めたり、決めそうな会社が相次いでおります。わたしの保有株でもボーイング、住友商事、ブリジストン、出光興産、ANA、住友ゴム、住友化学、はるやまなどは無配・減配が決定済やあるいは有力視され、ほかにもまだ候補あります。ただ株価全般は景気や業績に対し踏ん張っていますので、まあこのご時勢では無配や減配のところが出るのは仕方ない、の感じでしょうか。毎日の楽しみと思って、しばらくは日米株、大きく動かず見物のつもりです。

余談ですが、8/1のブログ(参照:50代早期退職生活 暗号資産(仮想通貨)での資産運用?)の7,500円分ポイントで仮想通貨のビットコイン・ビットコインキャッシュ、イーサリアムを買った件、8/1 AM8:30地点で9,639円(+29%)だったのが、これを書いている8/19 AM09:02 地点で10,772円(+44%)です。8月仮想通貨はすごく上がっているようです。残暑厳しいですので、どうぞお体ご自愛ください。

最後までお付き合い頂き、心より感謝いたします。良い日をお迎え下さい。