「こう」です。ご覧いただき、本当に有難うございます。

今日のテーマは「50代早期退職生活 お小遣い稼ぎ案 ゴルフクラブを売る(前編)」です。

結論は「3年前に約25万円で買ったクラブの買取見積りをしてみた所、クラブを買った大手スポーツ用品店は、”現在は買い替え以外は、査定・買取中止”とのこと、中古クラブ販売店で査定してもらったところ43,000円とのことで、中古クラブの引き取り相場ほか全く分かっていないので、今日のところは売らずにもう少し考えることにしました。」です。

3年ほど前に買ったゴルフクラブがあります。会社員時代はある意味、たまに付き合いゴルフ、接待ゴルフ(接待できるほど上手くありませんでしたが)があったので、現在持っているゴルフクラブは、3年前にちょっと奮発してアイアンセット+ドライバー+ユーティリティ3・5・7+パターで確か値引き後25万くらいで買いました。退職後、練習も含め一度も触っていないので、このまま使うことなく古くなっていくより、売って誰かが使ってくれたほうが良いかな、お小遣い稼ぎにもなるし、の思いを持ち、クラブを購入した大手スポーツ用品店に行ってみました。クラブを3年前に購入したそのお店では”結論”の通り、買い替えでない場合は、査定してもらえない状況でした。そして、以前から入ったことはないのですが、あることは認識していた国道沿いの中古クラブ販売店に行ってみた所、査定してくれて、結果43,000円の査定金額でした。これが高い安い?相場なのかどうなのか?全く判っていないので、今日のところは持ち帰り、近日せめてもう一軒くらい聞いてみて、売るかどうか決めようという事にしました。

購入したスポーツ店は、コロナの影響で店員の出勤人数も調整しており、その都合で買い替えの方以外の査定と買取が人員的に難しい、との説明でした。全くの個人的推測ですが、コロナの影響でゴルフクラブを売りに来る人が増えてる?という気がしました。理由として、①経済的に苦しいのでクラブを売ってお金にする②ゴルフもプレー以外にも食事やお風呂ほか結構密接・密集も多いスポーツなので、コロナ禍では控える人が多い上、これを機にもういいか、やめようかと思う人増加③接待需要が多く、今は接待される側もゴルフを望まない+今後も新生活様式や新しいビジネススタイルにはそぐわず接待ゴルフの減少でゴルフをやめる④みんなで集まってすること(スポーツでなくても会食ほか全部)を控える傾向でゴルフも同様、などの状況で結構な売り希望が殺到してたりして?とちょっと思いました。その場合、ゴルフクラブの売り時ではないのかもしれませんが、ただクラブもどんどん古くくなっていくので、結局は価格どうこうではなく、やらないなら早く売るべきなのかな、と考えているですが、どうなのでしょう?中古クラブ販売店では、若い女性が丁寧にクラブの状態を見て査定してました、査定ノウハウが、しっかり定まっている気配を感じました。また続報を近日報告させていただきます。

最後までお付き合い頂き、心より感謝いたします。良い日をお迎え下さい。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代セミリタイア生活へ