「こう」です。ご覧頂き有難うございます。

今日のテーマは「50代早期退職生活 投資についてどうすべきか?」です。

結論は「配当金狙いの日米株はやってます、退職後すぐが危ない投資に手を出してしまう一番危険な時期だと思いますので皆様注意を!」です。

冴えてる方からみると今日の全記載、拙く幼い内容と承知でそれでも書きます。早期退職生活に入るとよほどの金額を貯蓄済の方は別として将来に渡りお金の心配が大きいので、少しでも収入や不労所得が欲しくなります。またサラリーマンの立場を離れ無職・無収入というのは長年サラリーマンをやるほどに何か居心地悪く、何かしらの肩書というか、収まりのいいことがあれば嬉しいなと思います。そして瞬間値で退職金などが入ると長い目でみれば決して裕福でないのに、短期では使えるお金があり、少し気が大きくもなったりします。そんなところで、安心確実で高収益のワンルームマンション経営や、高利回りのコンインランドリー経営(毎日の掃除が少し大変ですが!などはむしろ良い時間つぶしの労働にみえたり)、株やFX、仮想通貨で大儲け!は非常に興味の惹かれるキャッチになります。とくに不動産経営やコニンランドリー経営、XX経営は人にも言える名刺も作れる内容なので、今後の収入兼お金を寝かさない、実労働短いか少し、世間体も無職よりまし、でいいことずくめに見える時期があります。

サラリーマンと早期退職者の最大の違いは安定収入VS自由時間です。お金の意味では圧倒的にサラリーマン優位で、サラリーマンは給与だけでなく、給与+会社の手当や経費(家賃補助や福利厚生+出張旅費、交通費・ホテル代・・)など今思うととても大きなお金が入り、出ていく状況で、たとえば同じ1千万円でもお金がどんどん流れていた現役時代はある意味1千万円が退職生活より非常に小さく感じます。(同じ価値のお金なのに)。前述の将来の不安、収入源が欲しい、何か肩書やエキスキューズがあれば嬉しい、短期的にまとまった現金がある、という危険な状態の中で特に退職後、すぐから数か月は自分もそうですが、まわりが次は何やる?いつから始動する?面白いことやるんですよね?とプレッシャーや期待もあり、自分が冷静でいれるか危ない時期なので、このタイミングがもっとも危ういタイミングかもしれませんので、もし次に何をするか決めずに退職され、いろんな人から何やる?と聞かれ、かつ親切や期待を感じてしまうほどにXXやりますとその方のためにも言いたくなるような時期の上手い話しには絶対乗らずに、もう一回それは自分が選んだ早期退職生活の1つの方向性なのか?を考えてみて下さい。と偉そうに言いながら自分自身まさに悩み苦闘し、上手い話に食いつきたかったのです。

結局、投資については、日米株を配当金をもらうことを主眼に投資しました。これが正解なのか?もまだ思案中な上に、コロナショック2020年3月中旬には大きなマイナスになり人生・生活設計見直しが必要なレベルかも?の実情の時期もあり、などこれはこれで波乱万丈あります。日米株投資は別ブログで書いてみたいと思いますが、株式が安全で安心な投資とはとても言えませんが、にわかの不動産投資やコンインランドリー投資を控えたのはよかったと思ってます。不動産やコンインランドリー投資は相当に身を入れて考え抜いて、行いも考えもプロになってからやるべきと思います。

最後までお付き合い頂き、心より感謝いたします。良い日をお迎え下さい。

PVアクセスランキング にほんブログ村