「こう」です。ご覧いただき、本当に有難うございます。感謝です。

今日のテーマは「50代早期退職生活 リタイア生活の夢と現実 自由に旅する!」です。

結論は「自由に旅する夢を叶えていきたいと思います」です。退職後1年で、宿泊の旅行は計7回、うち一人で出かけたのが4回、かつ2月以降は新型コロナの影響で旅行は大変憚られる状況なので、結構旅に出た、のかもしれませんが、”自由”というのが何なのかが悩ましいです。

わたしも含め多くの方は”心配”(例えば急な仕事の呼び出し・対応、お金の心配、身内が病気で、介護の・・・などなど)をせずに、思い立った時に、さっと旅に出れたら素敵だなと、夢見るかと思います。早期退職生活は、仕事での緊急事態や急用、を心配する必要がないので、自由な旅の”心配”の要素が非常に少なくなっているので、相当有利な状態ではあります。確かに何度か出かけた旅行先でも、何時までにPCメールをチェックしなくては・・、いつ仕事での緊急電話があるだろう?などの心配をしなくてよいので、ずいぶん気楽でした。しかし自分が至らないのか、人間というものがそういうものなのか”心配”無し、という状態にはなれず、いろんな考え事はしていました。”退職したらほぼ心配ごと無しに、かついつでも自由に旅できて楽しいよ”と言えるようになれると素敵なのですが。。。7回のうち、3回は家族、4回は前の仕事がらみや用事系で、思い立ってふらっとという域にもまだまだです。

でも、”心配”なしか”心配非常に少ない”状態で、自由に旅する、という夢は自分にとって必要だと思いますので、まだまだ温めておきたいですし、追いかけてみたいと思います。今はある意味 新型コロナのせいで旅に出れない、という言い訳がありますので、コロナ終息後が真を問う場面かと思います。

最後までお付き合い頂き、心より感謝いたします。良い日をお迎え下さい。

PVアクセスランキング にほんブログ村