「こう」です。ご覧いただき、有難うございます。

今日のテーマは「50代早期退職者は幸せか?」です。

結論は「普遍的かつ永続的な幸せは???ですが、今週とても幸せなことがあり、とても幸せ」です。

木曜金曜と子供と旅行に行きました。自分なりの幸せポイントを記載してみます。①心身ともにデリケートな年代の子供がおじさん無職とうさんと二人で旅行にいってくれるだけで、いろいろ事情はあるにせよ幸せ②2日間たくさんの趣味の話や今後の考え、世の中への向き合い方、ほか今まで聞いてなかったこと聞けてなかったことを聞けた幸せ③同じく今まで言ってなかった、言えてなかった人生論や今後のことを話せた幸せ④久しぶりの旅行(退職生活+コロナ禍の影響など)で由緒や歴史ある寺院や観光名所いくつも回れて気分・気持ちも最高な幸せ、などなどでしょうか。

やはり子供とたくさんの話ができて、向き合えることはとても重要かつそんな時間を持てることは本当に幸せだなっと実感しました。ですので今週はとても有難く幸せな気持ちでいるのですが、この幸せをずっと続けるには?と考えると、毎週旅行にいく?が正解な訳はなく、いろんな単発の幸せなことを見つけて、幸せです、と言い続けるのもおかしい、ただし、では普遍的で永続的な幸せってあるんだろか?健康・自由・最高の人間関係と信頼を永遠に得ました、のような話はないと思うので、それを考えると、少しでも根本的、根源的な幸せ出来事を積み重ねていく努力だけが幸せ探しのやり方なのかもしれません。そもそも幸せとは?幸せ探しなど不要、等々いろんな考え方、見方がありそうです。ただ今週の自分は人生の根源に近い部分での幸せな時間を持つことができた、と自分が感じたことにとても満足と幸せを素直に感じるべきだと思っています。来週以降も少しでも”幸せ”がありますように。

最後までお付き合い頂き、心より感謝いたします。良い日をお迎え下さい。

PVアクセスランキング にほんブログ村