今日のテーマは「早期退職生活 退職後何か月目・何年目を卒業できそうです」です。

結論は「退職してこの3年少し、もう3か月かもう1年か・・など時間のけじめを思うことも多かったのですが、退職後XXヵ月・XX年からは気持ち・心が卒業できそう」です。

退職してから、もう3か月、もう半年、もう1年、・・・こんなんでいいだろうかの思いも含め、ずっと内省していたように思います。

長くもやもやした時間が多すぎたように自分でも思いますし、希望はもっと、さーーーっと、次の気持ちや仕事やステージにいけよなのですが、自分の性格や本質なんでしょうが、それなりに時間がかかりました。

上手くは言えませんが、最近の自分の心の動きから、退職後XXヵ月、退職後XX年の思考法からは卒業できそうに思っています。いろんな理由や環境があると思いますが、わたしの場合、家を売却し新居に移ることとその変遷での家族とのあれこれなどが、”退職後XX”を消してくれたのではないのだろうか?なんて思っています。

たぶんこの先は3.5か年だから、5年だからというよりは、気持ちや環境が変わったので、気持ちがや思いが変わった、新たになったという感じなのかなと、勝手に思っています。

そう思うと私の場合、3年少しの期間、前職時代のいろんなことを思ってみたり、感傷したり、心のけじめをつけるのに時間がかかりました。

思い起こせば子供時代からうじうじ体質でした。こころのけじめに時間がかかるのは昔からのようです。

今回の引越しが機会なのか分かりませんが、自分のなかではひとつのけじめがついたように思っています。ここから先の人生は退職後XXヵ月ではなく、△△したい人生、□□に立ち向かう人生、〇〇にチャレンジする人生です。

△や□や〇を楽しみながら、しばらくやっていきたいと思っています、うまくやれるといいのですが!

最後までお付き合い頂き、心より感謝です。良い日でありますように。


にほんブログ村

TRAVELIST