「こう」です。ご覧頂き、大変感謝です。

今日のテーマは「早期退職生活 引越し完了」です。

結論は「6月末に自宅を買いたいと声をかけて頂き、売却と賃貸物件探しをし、荷物整理・断捨離をしつつ、新居への引越しを完了しました」です。

この2.5カ月、嬉しい悲鳴ではありますが、忙しい時間を過ごさせて頂きました。

6月後半に我が家を購入したいという方が現れ、大した交渉や駆け引きをしたわけではありませんが、気持ちの上で売る・売らない、もう少し高く売れる・売れない、など随分思案と悩みの時を迎えました。

結局、提示頂いた条件で気持ちよくお売りさせて頂く、との決心をして売却に伴う様々な手続きを進めました。

同時に次の家は賃貸・築浅・一戸建て・現住所から車で30分くらいまで、の条件で探しました。

希望物件の有無もそうですが、無職50歳台にそんな賃貸が貸してもらえるのか?も心配事項でしたが、なんとか希望の物件を見つけ、保証会社の審査も通り、無事借りることができました。

賃貸仲介会社から300万円以上貯金がある銀行の残高証明の提出がほぼ必要です、と言われていたのですが、実際には銀行口座アプリのスクショだけで済みました。

もしかするとの想像だけですが、スクショの内容が、300万円よりは大きな残高の口座とちょうど6月末、7月頭のタイミングでしたので、取引履歴は各社の株式配当の振込がずらっと並んでいました。そんなんが良かったのかな?などと思ってみたりもしますが、素人の想像に過ぎません。

その後、捨てるものは捨て、売れるものは売り、持っていくものは持っていく、を繰り返し、家の整理・片付けをしていきました。

今回はもし来年に沖縄や北海道に引越したくなったら、さっと身軽に引っ越せる体制を作ることも目標でしたので、過去ない断捨離を実行しました。

ずっと溜め続けていた蔵書も全部処分しましたし、迷ったら捨てるの勢いで片付けをしました。

古くなった家電や家財も、新しく買いました。住民票や国保、マイナンバーの変更やインフラの新旧手続きも、銀行ほか各種届出先の住所変更もしました。

そしてついに引越し屋さんの予約日がきました。洗濯機の移設、荷物の移動、不用品の廃棄などをお願いし、新居はなんとか住める形になりました。

旧居はまだ片付け、掃除中です。やってもやっても何かしら掃除ポイントが出てきますし、まだ雑草もたくさん生えたままです。なんとか引き渡し日までにもう少し頑張りたいと思っています。

さらに新居を整え、旧居を整理・清掃し引き渡ししたら、ちょっと落ち着いた暮らしの始まりです。これからの暮らしに幸ありますように。

最後までお付き合い頂き、心より感謝です。良い日でありますように。


にほんブログ村

TRAVELIST