「こう」です。ご覧頂き、大変感謝です。

今日のテーマは「早期退職生活 新居が少しずつ形に」です。

結論は「新居に家電が納品されたり、周囲のお宅に挨拶に行ったり、少しずつ引越しが現実味を感じます」です。

新居に冷蔵庫やTVが納品されました。レンジや炊飯器など持ち込んで買ったものも増えています。

カーテンも付けていっていますし、まだご不在で挨拶できていない方もありますが、近隣への挨拶もしたりしています。

Netのひかり通信の環境を整えたり、インフラの確認もし、持ち込むものも増えていくと、どんどん新居が形になっていきつつあります。

反面、今の家の片付けも進んでいますが、思い出の品と断捨離実行と戦っています。

卒業アルバム、前職時代の賞状や記念品、自分の祖父母の形見、子供が書いてくれた手紙、50年以上前の自分の母子手帳、亡くなった友人の思い出の品・・・簡単にゴミ箱行きというにはあまりに重いのですが、想いの詰まったものなので全部残します!とするには結構な量になります。

思い出の本、思い出の品は自分のなかに大事なものが残っているので、形ではなく自分に残します!と言えば恰好いいのですが、本心や実情はそうもいきません。思い出の物は本当に感無量です。

今までは悩むことなく残してきましたが、でも今回は極力に思い出や感謝は形ではなく、自分の心に刻みきる!をモットーに断捨離を推進したと思っています。

ごめん、や有難う、良い思い出に感謝などを言いながら、処分を決断しつつ、毎日引越し作業に励んでいます。

最後までお付き合い頂き、心より感謝です。良い日でありますように。


にほんブログ村

TRAVELIST