「こう」です。ご覧頂き、大変感謝です。

今日のテーマは「早期退職生活 携帯電話、移ったもん勝ち」です。

結論は「移るほどメリットがあって、同じキャリアに留まるほど。。。と思います」です。

子供からあるPCサービス、デジタルサービスに入っていることを”かもられている!”と笑われます。

PCスキル弱、デジタル能力無しのおじさんからすると、十分に値打ちがあるサービスで、かつ親身な対応なのですが。

さておき、携帯電話です。3年前迄、ずっと同じ会社のユーザでしたが、この3年で価格優先、メリット優先のいわゆる”いやな客”を試みました。

具体的には、ソフトバンクから楽天、最近の話では楽天からYモバイル、そしてUQモバイルと乗り換えを致しました。ネット環境も、携帯に合わせての場合とそうでない場合もありますが、ソフトバンクAir→電力会社系ひかり→KDDI系ひかりに移ることになりました。

携帯電話代は固定費のなかでは結構大きな支出ですので、変更することで生活費・固定費の削減は進みます。

しかし嬉しい反面、最近の携帯会社さんのプランは”移ったもん勝ち”のように思えます。

乗り換えると1円でiPhone seが手に入ったり、X万円補助や商品券もらえます!などの、キャンペーンに行き当たります。

少し前なら、そんなキャンペーンは嬉しいけど結局3年縛りで契約させられたら、かえって損だし!と言えたのですが、今はしばりもずいぶん減っているようです。

言い方が適切かどうか分かりませんし、繰り返しになりますが、”今の携帯は変えたもん勝ち”に見受けられます。

契約先をちょっとでも早く乗りかえっていったほうが得する、というのはどうか?と思いますが、今はそんな感じに思いました。

いびつな状況だとしたら、今後はルールや仕組みが変わっていくとは思いますし、そうであるべきに思います。乗換えて得したつもりの人が書く内容ではないですが、ちょっとあんまりかな?なんて思う自分がいたりします。

最後までお付き合い頂き、心より感謝です。良い日でありますように。


にほんブログ村

【タウンライフマルシェ】