「こう」です。ご覧頂き、大変感謝です。

今日のテーマは「早期退職生活 断捨離:和箪笥・勉強机・雛人形」です。

結論は「引越しの中で一番苦心するものの1つ」です。

現在、引越し作業をしております。和箪笥や勉強机、雛人形、兜、ランドセル・・・・。どの家でも思い出や思い入れのある品かと思います。

我が家でも思い入れのある品々です。しかしながら買取業者さんは引き取ってくれませんし(わたしの知見の範囲です)、ごみでさくっと処分するには思い入れもあったりします。

しかも和箪笥や勉強机などは、ごみで処分することを決めても、大型すぎて自力で粗大ごみや市の処分場に持ち込むのも相当な苦心が生じます。

我が家の今回の決断は、箪笥や机・大型家具は引越しと同時に処分してくれる引越し業者さんを選び、雛人形や兜などはもらってくれる先がないかもう少し探ってみようとなりました。

昔の話になってしまいますが、奥さんが結構な金額で用意してくれた婚礼家具ですが、確かに今の時代では、中古品としての値打ちや人気は無いようです。

当時あんなに高価で用意してくれたのに・・の思いもありますし、他の品々にも思い出や寂しさなどもあります。しかし今回が最大の断捨離のチャンスと信じて、人生最大の断捨離に取り組んでいます。

2万冊くらいまでため込んだ本も、全処分です。買取金額より大汗かいて古本屋さんに毎日持っていく際のびっしょりの汗が不満ポイントです。

読ませてもらった本の知識や経験は思い入れも含めて自分の中に残るものと信じて、毎日せっせと断捨離です。

最後までお付き合い頂き、心より感謝です。良い日でありますように。


にほんブログ村

【タウンライフマルシェ】