「こう」です。ご覧いただき、大変有難うございます。御礼です。

今日のテーマは「早期退職生活 節約案 携帯電話契約を楽天スーパーホーダイ→楽天UN-LIMIT2.0に変更してみました」です。

結論は「昨日楽天UN-LIMIT2.0に変更しました。現在は毎月1700円程度(楽天会員割引など加味後)の支払いをしていますが、今後1年間は基本0円になり、1年経過後、継続する場合は月2980円になりますが、現在の契約のスーパーホーダイSも1年の割引終了後は2980円/月(+500円端末保証オプション代)になりますので、目先1年は節約(1700X12=2万円くらい:本当は現契約の1年間の楽天会員割引が年内に切れるのでもっと)になり、1年経過以降も料金的には、今と一緒かつサービスが充実」の思惑で、節約になったはずと自分では思っています。(料金は全て税別で記載しました、かつ今後の記述も税別で書きます)。また事務手数料3000円がかかりましたが別途キャンペーンで3000+3300円=6300円分の楽天ポイントをもらい、こちらはかかった費用よりもらったポイントが上回っています。結論が長くて、すいません。

昨年退職後に、節約兼各通信契約の最適化に取り組みました。携帯電話、自宅WiFiや固定電話、ケーブルTVとの合算割引や家族割引、ほかいろいろな契約・割引で、どれを選ぶべきか今でも最善を選べたかどうか分からないのですが、携帯電話は家族全員 楽天に変更(楽天ポイントや楽天経済圏を勘案して)、ケーブルTVとWiFi、固定電話は電力系の会社にまとめました。(楽天ひかりも検討しましたが、3点セットで契約する電力系には料金的に結構差が出ました。)携帯電話は元は大手キャリアで1台、約8000円/月の支払いでしたが、楽天にしたことで、当初1年は2000円弱/月、1年以降は3480円(オプション含む)/月程度になり、自分も家族も最初の1年は1/4、1年目以降は約半分に節約したイメージでした。今回楽天の新プランが出て様子をみていたのですが、すでに楽天を使っている自分にとっては①減るもの、不便になるものがない。②料金的には1年は基本料金0円で節約になる。1年後は今の契約(2980+500円)が2980円になりほぼ同じ。③その他でかかる費用などないか聞きに行った所、むしろ変更費用(3000円)より追加ポイント(6300円分)もらえる。=得していいのか?とも逆に思いますが。今回契約に行き、①の”減るもの、不便になるものない”の考えは、端末保証オプションが楽天購入電話機以外はなかったので、今は月500円で本体の故障・破損の端末保証に入ってますが、UN-LIMIT2.0では保証オプション自体ありませんでしたので、そこは”減った”部分でした。逆に無料で留守電やキャッチホンほか”増えているもの”もありました。よって、まずはわたしの携帯をプラン変更してみて、このお得な見立てがその通りで、特に不便もないことが確認できれば、順次家族分も同様に変更していこうと考えています。あと通信や設定に弱い私は1500円出して、初期設定をお店の方にしてもらいましたので、店を出てすぐ今まで通り使用できる状態でした。設定などに強い方は自分でしたほうが良いかとも思いますし、わたしもで自分で出来るように早くなりたいのですが。。

この先はもっと安いプランを謳っている格安SIM会社もあるので、どこかのタイミングで、そちらにいくかどうかなども考えていく必要あるかと思っていますが、月の固定費の中でも比重の大きい携帯電話の最適化・節約はまずは、これでよしとしようかなと思います。楽天モバイルの売込みの人みたいになってしまうのですが、退職して困った点の1つが外でのPC接続(無料WiFiがない場所も多く、かつ無料WiFiはセキュリティの問題が)で、当時使用の大手キャリアに聞くと、テザリング有料(確か1000円/月)だったのですが、楽天はテザリングが無料です。しかもそれを知らずに(どうせ付いていないと思い込み)契約して、使いだして知ったので、嬉しさもひとしおでした。図書館でも喫茶店でも旅行先でも、PCの通信の心配(接続もセキュリティも)をしなくてよくなったのは、面倒が大幅に減りました。

最後までお付き合い頂き、心より感謝いたします。良い日をお迎え下さい。