「こう」です。ご覧頂き、大変感謝です。

今日のテーマは「まもなく早期退職生活丸3年」です。

結論は「わっせわっせ働いたり、不愉快に耐える職場での3年は本当に大変です。とはいえ働かない早期退職生活でも3年という年月はそれなりでした」です。

仕事で苦労を抱えていらっしゃる方には申し訳ないのですが、引退して働かずに自分の思う通りの行動をして、好きなところに行き、株式相場を毎日見ながら配当や優待をもらって過ごすというのは呑気でいい暮らしに見えると思うのですが、それなりにいろんな苦心や悩みもあります。

やはり人間の本質なのか、わたし個人の特性なのか、これでよし、これが最高と”足ることを知る”精神に、いつもいれればいいのですが、割と逆で”これができていない””こうやって頑張るべし””こういうこともできるのではないか?”などを思ってしまうことが随分あります。

無職自由人的には”これもできるのにやれていない””もっとこうできるはず”系の考えをしていくと、自分の不甲斐なさや努力・忍耐・継続性の無さを思い知りますので、負の思考スパイラルにすぐはまっていってしまいます。

そうはいっても3年の月日のお陰で上記書いたようなことを何十回も何百回もぐるぐる回っていますので、耐性もできていたり、むしろそのスパイラルを楽しむ心も出来ていたりです。

まあ要は”自分って本当に幸せだな!”ってなかなか人は思えない生き物なのかもしれないということです、繰り返しになりますが、”人”ではなく”自分”かもしれません。

いろいろぐちぐち書いたり考えたりしながらも、会社辞めて仕事せずに丸3年を”無事”過ごしていることに、いろんな意味で有難く思います。

出来ていないことだらけではあるのですが、そうは言ってもそれなり勝手にせわしく過ごしている、有難くて感謝すべき日々です。

最後までお付き合い頂き、心より感謝です。良い日でありますように。


にほんブログ村

TRAVELIST