「こう」です。ご覧頂き、大変感謝です。

今日のテーマは「早期退職生活 前職の後輩が訪ねてきてくれて」です。

結論は「GWに前職の後輩が訪ねてきてくれて、昼飲みしました。活躍している話を聞けて本当に嬉しい!」です。

GWに前職時代の後輩が訪ねてきてくれました。後輩と言っても退職3年前に入社した方なので、年齢は大きく離れています。

縁あって入社以降の2年、濃厚に仕事を一緒にしたので、会いに来てくれることもそうですが、何より今とても活躍している話が嬉しいですし、前を見て希望持っている姿も素敵でした。

入社してもうまくなじめなかったり、仕事や待遇に希望を持てなかったりの場合もあると思うのですが、きちんと乗り越えて階段を1つ上がる姿をみているだけで、嬉しい想いでした。

しかももう退職して何か助けたり支えたりできる訳でもないおじさんにわざわざ会いにきてくれるなんて、どんな有難いことなのかと思います。

去年きてくれた時もそうでしたが、今回も支払いはさせてくれと頑として言ってくれて、押し問答はあるのですが、結局何十歳も年下の方にご馳走になる自分に不思議な気持ちや経験をさせてもらえました。

きっと代金ではなく、もっと贅沢なものをご馳走してもらっていると判りながらも、今でもえらそうな物言いもしてしまいますし、何より今も今後もどんなお礼やお返しができるものやらと途方に暮れます。

たまに元気な顔を見せてもらえたら十分に嬉しく、益々の活躍を信じています!感謝です!

最後までお付き合い頂き、心より感謝です。良い日でありますように。


にほんブログ村

TRAVELIST