「こう」です。ご覧頂き、大変感謝です。

今日のテーマは「早期退職生活の家計管理を3年近く」です。

結論は「FIREではありませんので、資産を食いつぶしながら暮らしています。また結果的にセミリタイアではなく、働くことなく過ごしています。なんとか家計管理しながら退職前に立てた資金計画の範囲内では暮らせていますが」です。

FIRE本読んでいると、不労所得の範囲内で完全に暮らしが成り立っている人に、すごく羨ましく思います。我が家の実情は不労所得内では全然暮らせないので、FIREとはとても言い難い、資産食いつぶし家計です。

ずっと参考にさせて頂いている早期退職の先輩のブログに、ライフプランシート内で生活が成り立っていると、とても心の平穏をもたらしますのような事が書かれていました。確かにもし立てた計画以上にお金の減少が大きいと、私はとても平穏な心ではいられないと思います。

退職前に99歳までの現資産、今後の入金予定、今後の支出予定を作りましたが(99歳まで生きると相当に苦しい資金計画だなとなりましたが)、今のところ退職前作成のものよりはいい感じではあります。4月末の地点で退職前作成のプランよりも、実際には600万円ほど優位になっています。

この3年弱で600万優位になった理由は、①思ったより入金・収入あった②思ったりより節約が出来た③当初作ったプランを安全サイドにしていた、などですが、まだまだこの先の人生を思うと、資金計画は油断ならないものと思っています。

しかもこの先の支出が見込み内で本当に終わるのか、緊急や突発で必要な支出がどうなるのかも心配ですし、インフレや株価下落、為替変動、年金支給改悪など心配をするとどこまでも・・・です。

しかし、早期退職生活の中で、家での役割があって、今のところ体が動き、今日明日のお金の心配をしなくても暮らせているなんて、とっても自由で幸運!そう思ってみると、改めて心配の心を主にして暮らすよりも、幸せを謳歌したほうがいいかも!!!と心の中で言ってみました。

不安になったり幸せに思ったり、いろんな心と付き合いながらの暮らしです。

最後までお付き合い頂き、心より感謝です。良い日でありますように。


にほんブログ村

TRAVELIST