「こう」です。ご覧頂き、大変感謝です。

今日のテーマは「早期退職生活 支出のコツ」です。

結論は「日常生活費は最小化、非日常費用にはお金を使う、が秘訣だそう」です。

先日知り合いと話していて、なるほどなと思って見習わしてもらおうと思ったのですが、日常の生活、毎日のもの、固定費は可能な限り徹底的に最小化して節約する。逆に非日常な事、家族や友人との特別なイベントの時は、お金を思いっきり使う、の気持ちを大事にしているとのことでした。

節約している日常は”繰り返しくるもの”で特におやつ、嗜好品関連、アルコールなどが危険品だそうで、極力買わない、買ってもとても少量にして、安いものにしているそうです。

”日常”の中には誕生日も入るそうで、1年に1回しかないのではなく、1年に1回は必ず繰り返し来るもので、しかも家族の人数分あるので、本当は完全な日常扱いとしたいが、いちおう小さなケーキくらいは買っているそうです。

誕生日が日常かどうかは微妙でも、定期的に来る日を”日常”にしておかないと、節分、バレンタイン、母の日・・・・といくらでもお金を使わす日が月に何日も来るので、というのはなるほど!と思いました。

ほかには車関係の費用、保険、携帯電話や通信関連の費用が廃止したり、契約を見直したりを実施して、節約効果が大きかったそうです。

そんなこんなで普段はとても質素な生活を送る分、一生に一回のイベントのような機会にはためらわずに使うそうです。むしろそういう時にふんだんに使う為に、普段の節約しているだからと思うようにしているそうです。

この前は娘さんの卒業を記念して家族旅行に行き、飛行機もプレミアムシート、ホテルもスイート、フレンチレストランを予約で・・・の感じでたくさんの思い出となったそうです。

私も普段の日常は出来うる限り生活を小さくし、イベントごとがある時にはあんまりケチろうなどと思わずに、お金より思い出、の心を見習いたいと思います。ただ私には何十万円のスイートルームを取ったり、逆に家族の誕生日を日常扱いとする、のところまで振り切ることが出来るかは自信がありませんが。

最後までお付き合い頂き、心より感謝です。良い日でありますように。


にほんブログ村

TRAVELIST