「こう」です。ご覧頂き、大変感謝です。

今日のテーマは「早期退職生活 PayPayあと払いをリボ払いと勘違い」です。

結論は「PayPayあと払い設定をすると+1%の残高付与のキャンペーンを見て、どうせリボ払いのような感じでかえって高い利息を取るんでしょ、と勘違いしていました」です。

PayPayのあと払い設定で+1%のPayPayポイントを付与しますというキャンペーンがあります。最初に見たときは、どうせあと払い、複数回払い、リボ払いのようなもので、+1%どころかもっと高い金利を取られるものだと思い込んで内容確認すらしていませんでした。

しかしひょんなことで内容を見てみると、わたしの全くの勘違いでした。今PayPayで支払う際には、事前に必要金額をチャージしています。チャージ金額の引落先はPayPayカード(旧Yahooカード)です。

そして今回やっているのは、そのチャージをやめて使った金額を一括で翌月カード引落してくれる、しかも当面+1%の追加ポイント付与をしますよというものでした。

ということで、わたしにとっては使わない理由がないので、早速あと払いの設定をしました。今までは残高がなくなってくるごとに、会計前にチャージしていましたので、その手間やバタバタがなくなりますし、当面ポイント付与も+1%ですので、良いことづくめのように思っています。

我が家の支出や生活全般としては、基本は楽天経済圏にいるのですが、PayPayは自治体キャンペーンなど強力すぎるキャンペーンがあるので、どんどん使用頻度が増えてきています。今回のあと払いキャンペーンで、より利用頻度があがりそうです。

先日、令和4年分の固定資産税の納付書が届きました。昨年とても楽でかつポイントまでもらえるPayPay払いに味をしめて、今年も同様にと思ったのですが、手続きを進めていくとポイント付与は終了しました・・・・とのこと。しかし銀行やコンビニで払うよりは楽ですし、銀行やコンビニで払って何かポイントが付く訳でもないので・・・・ということで、そのまま結局PayPayで払いました。

最近は現金を使う機会が本当に減少しています。昔風の飲食店か、クレジットカードやQR決済をかたくなに受付けない一部のスーパーやドラッグストア、100円ショップなどでしぶしぶ現金払いをするくらいでしょうか。しかしよっぽどのものがある場合は別ですが、同じような製品や価格、魅力度なら、現金のみのお店は極力避けるようになってきています。

最後までお付き合い頂き、心より感謝です。良い日でありますように。


にほんブログ村

TRAVELIST