「こう」です。ご覧頂き、大変感謝です。

今日のテーマは「早期退職生活 3年一区切り」です。

結論は「多くのことは3年やってみると形ができるように思っています、残り半年もないくらいですが、わたしの早期退職生活も3年になります」です。

前に書いてしまっているように思うのですが、3年続ける事というのは何らかの意味があったり、自分に必然なものなのかなと思っています。

悩み悩みしながら、笑い苦しみながら、楽しんだり怒ったり、苛立ったり謙虚な気持ちだったりのなかで、早期退職生活も開始からもうすぐ3年が見えるところまで来ました。

早期退職生活はお金や収入の面では、もちろん現役を続けた場合と大きく差が出ましたが、自分を見つめ直したり、生き方を考える機会としては、本当に得難い経験や時間だったと思っています。

多くの会社員が一定の給与や役割がある安定した場所を、自分自身で手放すのもそんなに多いケースではないと思いますので、それを実行してみた楽しみや後悔や味わいなどを、ちょっとでも情報が必要な方がいらっしゃればなんて勝手に思って、それをお伝えできればと思って書かせてもらってきました。そんな情報やわたしなどの記載を必要としている人が、本当にいらっしゃるのか微妙かもしれませんが・・・・でも、もし数人でもいらっしゃれば嬉しいことだと思っております。

基本的にはそんな思いで、このブログを書かせて頂いているのですが、今の1日の時間配分や生活・性格から、2・3日に1回アップするくらい書かせてもらうのが精一杯で、他の方が書かれたブログもほぼ読めていません。

しかしながら、おひとり早期退職が半年ほど先輩のかたで、欠かさず読ませていただいている方がいます。その方が退職3年を区切りにブログも少しゆっくりやっていくように先日書いておられました。(大変お疲れ様でした、随分参考や励みにさせて頂きました。心より感謝申し上げます。今後も楽しみにしております!)

自分自身も3年一区切り、を数か月後に迎えますが、今までの自分と今後の自分、楽しみでもあり、怖くもあります。

最後までお付き合い頂き、心より感謝です。良い日でありますように。


にほんブログ村

TRAVELIST